Menu

ami ꕤ Rhythm Slow [楽天ROOM]
リラックスライフを送るための
アイテムを中心に投稿しています🌿

ami|あみ
ゆるナチュラリスト
日々の暮らしをアップデートするべく、毎日新しいアイディアやサービス等にアンテナを張っています。
ナチュラル・オーガニック製品やセルフケア関連の製品に関心が高めです 𖤣𖥧𖥣𖡡𖥧𖤣
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
  ʕ๑•ﻌ•๑ʔ < Thanks for visiting!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

目に良い習慣とは?大切な目を守る・ケアする方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
目に良い習慣

最近目が疲れる、光が眩しいと感じる、など思い当たることはありませんか?

私は数年前から、太陽の光や蛍光灯などの室内の光に対して、眩しさを感じることを自覚しています。

そんな光に敏感な私が、

  • 紫外線から目を守るための対策
  • 目に良い習慣・アイケア

についてまとめました。

目が弱く・悪くなる前に、早めの対策が重要です!

目次

体験談|紫外線によって、弱くなってしまった目

白い砂浜と青い海

海のすぐそばに何年も住んでいた時の話です。そこは日差しがとても強く、また仕事場も海だった為、毎日毎日それは大量の紫外線を浴びていました。

もちろんUVカットのサングラスはしっかり掛けていました。

そして、その仕事を辞めて1年ほど経ったある日、気づきました。

「目が悪くなってないか…?」

「悪い」というのは視力的な問題も少しあるのですが、どっちかというと問題だったのが「眩しさ」です。

眩しさのイメージ

目が日差し等の光に弱くなってしまいました。光があまり強いと頭痛などにもなります。

100%紫外線だけが原因なのかは定かではありませんが、少なくとも影響があったのは確かだと思っています。

ちょっとでも日光が目に入ると眩しい ( 晴れの日も曇りの日も )、家の中でも蛍光灯が眩しい、携帯の光も眩しい……などなど。

少しでも対策を強化できていたら……と後悔。

しかし、そうなってしまったのは仕方がない!

という事で、目の紫外線対策やケアについて、お伝えできればと思います!

1.外出時
目の紫外線対策

紫外線対策の基本となる「4種のアイテム」で、目に入る紫外線を大幅にカットできます。

紫外線から目を守る4種のアイテム
  • UVカットのサングラス
  • UVカットのコンタクトレンズ
  • 帽子
  • 日傘

必ず、UVカット表記があるかどうかを確認して下さい

サングラスも、安いものだとUVカット効果全くなし、という商品もあります。

また、帽子や日傘だけで対策をしても、結局地面からの反射で紫外線が目に入るので、出来ればサングラスも組み合わせた方が良いです

帽子とサングラスを併用

紫外線から目を守るには、
サングラスの形も重要!

サングラスの形についてですが、目の横に空間が大きく開いたデザインの場合、そこから紫外線が入ってきてしまいます。

なので出来れば横まで覆うタイプ、少しカーブがついたサングラスが望ましいです

サングラスのおすすめ

過去の私はかっこよさを重視して、目の横まで覆うタイプでは無いものを着けていた記憶があります。(恐らくそのせいで目が悪くなったと思っている)

紫外線が強い場合は、見た目より機能性を重視するべきでしたね ( ᵕ_ᵕ̩̩ )

TPOで着用デザインを変えるのもあり!

海や山など本格的なアウトドアをする場合は機能性重視、街で着ける場合はファッション用など、分けて着用するというのも良いと思います。

やはり長時間紫外線に晒される場合は、それ相応のアイテムを着けるべきですね。

2.家の中での強い光から
目を守る方法

自分が気づかない間に、日々刺激の強い光「ブルーライト」がスマホやPC・テレビ画面などから目の中に入ってきています。

そして近年の研究では、目を疲れさせる大きな要因であることが分かって来ました。

ブルーライトは目は波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。

ブルーライト研究会:ブルーライトとは

ブルーライトは対策をしない限り、直接目の中に入れていることになります。

スマホやPCを長時間見ない、などの対策もありますが、お仕事の関係上どうしてもやめられない場合が多いですよね。

そんな時はひとまず、各種デバイスのブルーライトカットの設定を見直してみましょう!

デジタルデバイスのブルーライトをカット!
目を守る設定方法

スマートフォンの画面

スマホやPCには、ブルーライトカットの機能が搭載されています。

基本は夜間に使うモードですが、ブルーライトが気になる場合は今すぐONにしましょう!

多少オレンジ寄りの光り方になるかと思いますが、少し目にやさしいです。

  • iPhone → 環境設定/画面表示と明るさ/Night Shift  
    Appleナイトシフトについて → Apple公式
  • Android → 設定/ディスプレイ/画面の色の設定/夜間モード
    Android夜間モードについて → Android公式

Android公式にも書いてありますが、

目には優しいが視力の低下を防ぐ機能ではない

Android公式/健康に気をつけたいときなどに知っておきたい Android の夜間モード

との事なので、これをしたからもう目が悪くならないから安心、では無いので注意。

さらに、ブルーライトカットのメガネや、スマホやPCの画面に貼るブルーライトカットのフィルムも販売されています。

自分に合った方法を取り入れてみて下さい

家中の照明を
優しい明るさに変える

目が光に弱くなってから、白色の光がとても眩しく感じるようになりました。

なので今は、家の照明は蛍光色は無しにして、暖色系・オレンジ色の優しい光にしています。

部屋のライトを変えたイメージ
これだけでかなり楽になる!

明かりの強さや色を変えるだけで、体感でですが、目に掛かる負担が少し減っているように思います。

また、一般的なLEDライトより自然な明るさに近い「目に優しいライト」なども販売されています。

家の中でも色々な工夫をすることで、目にかかる負担を減らすことができます。

3.目に良い習慣をつける

1時間ごとに10分!
目をの休憩させよう

目を隠す少年

スマホや読書などを長時間する時、休憩を入れてますか?

目を休ませるためには、1時間ごとに10分程度の休憩が必要だそうです

長時間、近距離で何かを凝視していると、目の筋肉も凝ってピントが合わなくなる、つまり「 老眼 」のような症状が出てしまいます。

近年、30代以下の若い人にもその症状が出ているようです!

長時間スマホの危険性が分かりますね。

私も長時間のPC作業の休憩で、スマホの画面を見てました。これが一番だめですね(´•ᴗ•̥`)

アイマスクで物理的に視界を遮断するのも良いかもしれません。

目に大切な栄養を摂る、よく寝る

日々酷使している目のために、しっかり栄養を摂ることも重要です。

目に良い事で有名な青い果実ブルーベリーに含まれるアントシアニン、緑黄色野菜に豊富に含まれる各種ビタミン類は、意識して取る必要がありますね。

目に良い食べ物とサプリ

サプリメントにもなっているので、気軽に取り入れられます( ¨̮ )

やはり睡眠も大事です。

夜中まで長時間休憩も取らずにずーっと画面を見ている……。やりがちですね!

ちょっとでも目に違和感を感じたら、スルーしないで、「 適度に休憩 」「 あ疲れてるんだ、寝よう 」という思考回路を身につけたいところ。

全部、ちょっとしたことなので取り入れたいですね

具体的な目に良い習慣

  • 1時間ごとに10分程度の休憩、遠くを見るなど
  • 椅子や机の高さを合わせる、姿勢に気をつける
  • ディスプレイと目の間に40cm以上の距離を確保する
  • 室内の温度や湿度に気をつける
  • 意識的に瞬きを増やす
  • 睡眠をしっかりと取る
  • 栄養素で補う
参考:アキュビュー公式 視力低下の原因や目の仕組みとは?

一日の終わりに、
アイケアを!

アイピローを使う女性

ホットアイマスクで血行促進

ホットアイマスクには、目の血行を良くし、凝りを取ってくれる効果があります。

ホットタオルでも良いのですが、温度調節が難しかったり、すぐに熱が冷めてしまうので、一定の時間温めてくれるホットアイマスクがおすすめです。

市販の使い捨てタイプや、電子レンジで温めて繰り返し使えるタイプ、USB充電式タイプがあります。

寝る前のリラックスタイムやPC作業の休憩時間に、ホットアイマスクで目を労わってあげて下さい

しっかり対策して
目を守ろう!

今回は、目を守る・ケアの方法などについてまとめてみました。

ここで紹介した目を守る対策などは、世代・男女関係なく取り入れられると思います

少しでも目の状況に不安を覚えたら、やってみる価値ありです。

サングラスなど掛けた事がない!という人も、恥ずかしがらずにチャレンジしてみて下さい!


ここで紹介した内容は、あくまで私が個人的に実践している方法です。もし目の症状が継続的である、または症状が深刻である場合は、専門の医師や眼科医に相談することをおすすめします。


楽天room

ami ꕤ Rhythm Slow [楽天ROOM]
リラックスライフを送るための
アイテムを中心に投稿しています🌿

目に良い習慣

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次